1歳4カ月 シューカウンセリングを受けてきた@伊勢丹

子育て

シューカウンセリングを受けてきた

ファーストシューズはアシックス スクスクのファブレを購入したムスメ。

特に問題なく本人も「くっく」と言って持ってくるなど気に入って履いていたのだが、子供の成長は早い。

保育園より、右足ばかり脱げてしまう。そもそも足がすんなり入らない!という指摘を受け、セカンドシューズを購入することに!

ファーストシューズを購入するときもシューフィッターさんに計測してもらったのだけども、単純に全長サイズの計測のみ。今回は、前々から気になっていた伊勢丹新宿店のシューカウンセリングを受けてみたので記録に残します。

シューカウンセリングってどんな感じなのかな~?と気になっている人の参考になれば嬉しいです。

予約は電話で

シューカウンセリングの予約は直接電話です。

ムスメの場合、もうすでに靴がサイズアウトギリギリ、もしくはしてしまっているため早急に靴が欲しい状態。

電話で問い合わせると、直近の希望日の(電話の時点から3日後)開店直後なら空いているとのこと。お願いする。ちなみに平日です。土日の場合は余裕をもって予約することが必要そう。

 

当日10時20分ごろ到着すると、すでに入り口には開店を待つ人で長蛇の列。

ワコールの特別セールをやっていたのでこの日が特別なのか、いつもなのか。伊勢丹に縁がなさすぎてわからないけども…

1Fから入店したものの、エレベーターは地下から上がってくる人で満杯。何回か見送ってようやく乗れる。ベビーカーなどの優先エレベーターもあるそうで、そちらならすんなり乗れたのかね。

ちなみにベビーカーは伊勢丹のものを使用。入口に無造作に置いてあって自由に使うことができます。

 

いざシューカウンセリング

まずはスタンプで足形をとる。

足にはちゃんとインクがつかないように取ってくれます!

まっすぐ立つために、父が前方で注意を引き、母が後ろで支える!

 

そして取れた足形を評価。(小さいうちはじっとしていることがまず不可能なので、記念的な意味合いが大きいそう)

足形は出生時に病院で取ってもらったきり。わあ大きくなったなあーというしみじみ目線とはまったく違ったプロの目線で足形を分析してくれるシューフィッターさん。

曰く、足型の内側がポコっとでていて、それは内側重心の証だという。まだ関節が柔らかいから、どうしても内側重心になりやすく、しっかりと踵から足首を支えてくれる靴がよいとの話。

お次はサイズを計測

右 12.1cm 左 12.0cm

だから右ばかり脱げていたの??ほんのちょっとの差だけども。

結構みんな左右で差があるそう。

 

歩き方チェック

足首をしっかり支えてくれるとなると、選択肢的にはスクスクともう1点革のハイカットと。

革靴も素敵なのだが、お値段がスクスクの倍なので…ここはやはりスクスク。

 

候補が2点あったのでどちらも試着させてもらうことに。

試着し歩き方チェック

気になるデザインのものを2点試着させてもらう。

一点はつま先部分に余裕のある造りの為、少し歩きづらそうにしている。とのアドバイス。

似合うか似合わないかくらいしか考えていなかったよ。

 

ちゃんと歩き方も見てくれ、納得して購入することに決めました。

 

足形は伊勢丹が保管

最新の足形を伊勢丹側で保管するそうなので、次回シューカウンセリング時に今回の足形はいただけるそう。なかなか足形はとらないから、そのうちぜひ頂きたい。

 

しっかり歩けるようになるまではデザインも重視したいけど、やっぱり歩きやすさや安定性を重視したい。

そんな不安を全て解決してくれたシューフィッターさん!

さすがと感じました。

 

でもケチなので、保育園用の置き靴はネットで同じラインの色違いを購入する。

3か月くらいでサイズアウトしてしまうというのに、毎回2足購入するも大変!

 

アシックスでは3D計測もできるらしく、そちらもとっても気になるけどもー!

純粋に、自分の足も計測してもらいたい。

そちらも、もし機会があったら記録に残したいと思います。