産後トラブル 帯状疱疹!内服と授乳は継続したよ

子育て

産後 帯状疱疹ができた

産後3か月経ったころ、ふと尾てい骨の右側に痒みを感じ
触ってみると、ぼこぼこと固い膨隆疹のようなものができている。範囲は3×2cmほど。

帯状疱疹も痛くないことがある

虫刺され?もしかしてダニ?
まず思ったのは虫刺され。でもなんか固いし搔くと痛痒い。

むむむ。しばし検索マシーンと化してピーンと来ました。

帯状疱疹!?もしくはヘルペスでは??

産後に帯状疱疹ができやすいという話は聞いたことがある。
ただ、痛みもないし、脇腹とか背中とかよく聞く部位ではないため、怪しいけども…
でも、神経の通っていないところはないので、どこでも出来る可能性はあるのでは。

帯状疱疹だったら悪化する前に受診したいので、とりあえず診てもらうことに。

病院受診 やはり帯状疱疹

帯状疱疹は、発疹ができる数日前から発症部位にピリピリと違和感を感じることが多く
その後発疹、疼痛が発生することが多いそう

たぶんピリピリもしていなかったと思うし(鈍感)全く痛みはない。

でもやはり、帯状疱疹でしょう。との診断。

帯状疱疹ってものすごく痛いイメージだったけども、こういう例もあるんだなあ。痛くなくてよかった。

治療はバルトレックスという薬を内服。

受診前に調べたところ、この薬を内服するために授乳中を中断したり、授乳時間をずらしたりしている人もいる様子。

ドクターに確認すると、子供の体重が5キロを超えていれば、子供自身にも使う薬だから授乳は継続して大丈夫と。
本来はバルトレックスの他に鎮痛剤なども処方になるようだけども、痛みがないので一剤のみ。

まず3日間内服し、再診。問題のないことを確認してまた4日処方。
計7日間バルトレックスを内服。

まだ授乳感覚が2時間空くか空かないかくらいだったので、特に内服時間と授乳時間もずらしたりとかはせず。というか不可能。

バルトレックス終了後は、神経痛予防にビタミン剤2種類を処方(メチコバラミンとアリナミン)。こちらも気にせず授乳してよいと。
まだこれは内服中(現在産後5か月になるところ)。

子供は水疱瘡にかかるリスクがある

帯状疱疹は水疱瘡と同じ、水痘ウィルスの仕業。

かつて水疱瘡に罹った時のウイルスが神経に潜伏していて、弱った時にそれらがひょいっと悪さをするのが帯状疱疹。水疱瘡にまだ罹ったことのない人がこのウィルスに感染したら、当然帯状疱疹ではなく水疱瘡になる。

子供にもし移ったら、水疱瘡として発症する。

ドクターからは、低月齢のうちは母体からの免疫があるため、あまり心配しなくてよいと説明されたものの、やっぱり心配で、最初の数日は一緒に湯船に入らないようにしたりとかなり気を使った。
しかし、腕がつらく、3日で断念。

水疱化する前に帯状疱疹も退いてきたせいもあるのか、結局水疱瘡にはかからず。

ほっ

ちなみに水痘ワクチンが普及してきたため、子供の帯状疱疹の数が増えているとの事。
なるほどー

帯状疱疹の治療は長い。かからないのがイチバン

神経痛予防に3か月はビタミン剤を内服した方がよいとの事。
正直痛くもなんともないので、最初はほとんど飲めていなかったのだけど、神経痛はあとから来る、痛くなってから飲んでも時すでに遅し。との話を聞いて飲むように努力中。長い。

産後は体力が落ちているため罹りやすいそう。
私は疲れていないつもりだったが罹ってしまいました。夜間は2回ほど授乳に起きても、お腹いっぱいになったらすぐに眠ってくれるため、それほど体力も削られていないと思っていたのだけども、3か月の間にじりじりとHPが削られていた模様。

結論としては、

産後しばらくは、ゆっくり体を休めましょう。

ってそうは言われてもどう休めるのって感じだけど…
掃除とか後回しで、子供が寝たら一緒に寝るしかない。

それでも何か怪しい発疹ができたら、早めに病院を受診しましょう。
子育ては続くのに、後々まで残る神経痛とかできたら大変。

産後ってホントいろいろ。

のんびり、頑張りましょうー

 

追記→結局ビタミン剤はこの記事を書いた以降飲めず、大量に残薬をだしてしまったが、今のところ神経痛は現れず。今後どうなるか…