セブシティ、ATMの手数料が勿体ない!10000ペソ以上下せるATMはHSBC!

旅行・お出かけ

フィリピン旅行は現金持参がベスト

海外旅行の際ってどうやってお金を持っていってますか?
新生銀行の国際キャッシュカードを利用したり、クレジットカードのキャッシングを利用したり。

ドルなどメジャー通貨なら日本で用意することもあるでしょう。

結論からいうと、フィリピン旅行の場合、短期なら現金持参、両替がベストです。

私はいつも旅行の時は大体、現地でキャッシングしていました。
今回のフィリピン旅行では夫の国際キャッシュカードでATMで現金を下ろしていますが…

フィリピンのATM、一回につき250ペソの手数料がかかります。
しかも夫の国際キャッシュカード側でも一回につき210円ほど手数料が発生するため、ざっくり750円くらい手数料がかかる!

その上殆どのATMの引き落とし上限が一日10000ペソ。時間帯によったりATMによっては4000ペソなんてことも。

10000ペソ下ろす度に750円の手数料は高いよーーー普段日本で108円の手数料も極力発生させないように過ごしているのに!

ATMで下すならHSBC

しかし現金のない我々はATMで下すしかありません。しかし極力まとめて下ろしたい。
検索しまくった結果、心ある人のブログで、HSBCで30000ペソいけたよ!の情報を入手。

HSBCはアヤラの道を挟んで向かい側にあります。

さてさて、本当に下せるのだろうか…

バジェット旅行者である我々も、それなりにお金は使うのでここは40000ペソと入力…

下ろせました!!

上限はいくらなんでしょうか。

ふー、これで多額の現金を持ち歩くというでかいリスクが発生しました
あまり現金を持ち歩きたくないのもあって、ATMを利用していたのに…
今まで以上に気を付けるしかないです

現金を持ってきても多額の現金を持ち歩くことには変わりないか。お互い気を付けましょう!

また、ATMを前にギギギギーとなっている人のもとに情報が届くことを願ってー

それではみなさん、よい旅を。