【池袋】子連れで行く、サンシャイン水族館(東池袋からベビーカーで)

旅行・お出かけ

今年の目標のひとつが、「ムスメと二人で旅行に行く」なのです。

もちろん家族でも行くけども、私は連休が多いので。野望は雲南とか普通にバリ。タイでもいいや。異国を感じたい。

ムスメも1歳7か月になり、お出かけがラクになってきた…と思いきや逆に大変になってきた気もするけど…近場で練習にと、とりあえずムスメと母、二人でサンシャイン水族館に行ってきました。

東池袋からベビーカーでサンシャイン水族館へ

時は土曜日。開店を狙って出発です。

サンシャイン水族館の最寄り駅は有楽町線の「東池袋」

もちろん池袋駅からも歩けるし、都電荒川線でも近くまでこれます。

我々は今回は東池袋駅から向かうことに。

東池袋駅は地下通路でサンシャインに直結。ベビーカーでもスイスイ。雨でも安心。

駅にも雑司ヶ谷方面改札にエレベーターあり、問題なしです。

サンシャインへは6・7番出口へGO

案内に沿って進みます。

スロープで段差なく。なんて優しい道!朝早いのでガラガラです。

地下通路からエレベータであがると、ALTAのニトリのところに出ます。ちなみにニトリの反対側はトイザらスなので、結構な確率で寄ることになり、揉めがちです。

ぐんぐん進むと、水族館のあるワールドインポートマートビルへ到着。

この手前に貸し出し用のベビーカーがたくさん置いてあり、無料で借りることも可能です。

アーリーチェックインで一足先に入館(年パス保持者)

開店10分前に到着。チケット販売所前には20人ほどの行列。

我々は年パスを持っているので、入口に直行。

と、年パス保持者はアーリーチェックインで10分前に入場できるとのこと!

観覧可能なのは屋外エリアのみだけども、全く不意打ちでうれしい。

とにかくガラガラの状態を満喫です。

人気の空飛ぶペンギンエリアも無人。

これは別の日なのですが、この日はアシカショーのトレーニングが見れました。

じっとしていられない一歳児と場所取りは不可能なので、いつもは見られない間近で!トレーニングとはいえアシカたちの芸を見ることができ、母感動。

怖がるかと思ったムスメも身を乗り出して鑑賞していました。

10時の開店とともに、室内の展示へ移動。ベビーカーのまま入ることも可能ですが、水槽の近くまで行けなかったりするので、入口で預けて入ります。

中にも一時的にベビーカーを置くスペースはあります。

こちらもまだガラガラで、大きなラグーンも貸切状態。

エイに夢中なムスメ。

ゆっくり見ても1時間はかからないくらいだけども、小さい子供連れにはちょうどよい規模です。

そういえばマンボウがいなかった…

どうやら昨年の10月に亡くなってしまったそうです。

ムスメはなぜか「マンボウ」は覚えているので見せたかったが仕方がないね。

おむつ替えスペースや授乳室も完備。

ランチは外で

水族館内は食べ物の持ち込み不可。

カフェが一か所ありますが、休日の昼食時は席の確保が激戦になります。

再入場も可能なので、外で食べてから戻ってくることも可能です。

我々はサクッと丸亀でうどんを食べて帰ります。

丸亀もキッズチェアあり。麺カッターもあり!

キッズチェアがおいてある店が多く、どこで食べても安心そうです。

サンシャイン、子連れに優しいっ!

サンシャイン水族館の年パスは2回くれば元は取れるし、車の人は2時間駐車場無料とかなりお得かと。

近場の人にはとってもお勧めなのです。平日でもそこそこ混むけども。

母子二人おでかけ、近場は問題なくクリアー

二人旅行はいつになるでしょうかー